どのようにしてクレジットカード現金化は利用されてきたのか

今回は番外編的な感じで、クレジットカード現金化の歴史を紹介していきます。クレジットカード現金化は、どのようにして生まれ、どのようなサービスに変わってきたのでしょうか?

クレジットカード現金化は歴史が長く、クレジットカードが1950年にアメリカで生まれ使用されるようになったことで、50年以上前のアメリカで生まれた金策方法だとされています。当時のアメリカで、お金が無かった人がショッピング枠で買い物をして、その商品を売ることで現金を手に入れたことがクレジットカード現金化の始まりだったとの話です。そこから、同じような方法を取る人が出てきて広まったものと言われています。
その10年後には、日本にもクレジットカードが伝わり、同じようにクレジットカード現金化はおこなわれるようになりました。日本での最初の頃のクレジットカード現金化は、金券を買取ってもらうことによって現金を入手する方法が主流となっていました。その後、店舗タイプのクレジットカード現金化業者が営業をするようになり、新幹線の回数券や金券、ブランド物や家電などの買取りをすることで、日本中に広まっていった流れになります。
月日は流れ、現在では新幹線の回数券や金券系のものは、ショッピング枠を使っての購入がクレジットカード会社から禁止されています。そこで、近年では当たり前となったインターネットを利用し、購入した商品をネットオークションで販売することで、個人でクレジットカード現金化をする人も増えてきているのです。ですが、ショッピング枠を利用して購入した商品に関しては、支払いを全て終えるまで使用したクレジットカード会社のものとなっています。クレジットカード会社に現金化を疑われた場合には、クレジットカードの利用停止、そのクレジットカードで購入したものの残りの支払いに関しての一括返済といった措置がとられ、大変な状況になると思うので注意が必要です。
そんな中、通信販売などでおこなわれているような、キャッシュバックを利用した現金の還元方法を採用した、クレジットカード現金化業者が出てきました。近年では、このキャッシュバック方式がクレジットカード現金化サービスの主流になっています。お客様がクレジットカードを利用して商品を購入することで、キャッシュバックとしてお金を還元するので金融業にはあたらず、販売業として登録しているところが多いです。
まさに、現金化の代行業者といった感じになっています。インターネットを利用しているクレジットカード現金化業者では、さらなる現金化の方法として、Eメールタイプのアマゾンギフト券を買取ってくれるサービス、携帯電話のキャリア決済を利用したクレジットカードを利用しない現金化サービスなど、次々に新しい現金化サービスを生み出しています。1950年頃から金策方法として生まれたクレジットカード現金化は、今後も無くなることは無いでしょう。