カードローン借り換え&おまとめローン情報

 カードローン借り換え&おまとめローン情報

「カードローンを借り換えて借金を一本化したい!」と考えている方も多いのではないでしょうか?これを「おまとめローン」と呼びます。しかし、業者ごとに様々なサービスがあり、仕組みを理解するだけで一苦労ですよね。ローンを借り換えて一本化するのであれば金利を低くしたい方も多いと思いますが、金利以外のメリットも業者によって様々です。

この記事を読んで、カードローン借り換えの仕組みを理解しましょう!

おまとめローンとは?

複数の業者から借り入れをしている方が新たな金融業者に借り換えをすることで、過去に借金していた業者へ完済するものです。おまとめローンのメリットは、1社からまとまった金額を借りることで金利が下がり、月々の支払額や総返済額を減らすことができる点です。

おまとめローン先を選ぶポイント

おまとめローンを組む際におすすめしたいのが、「銀行カードローン」です。

銀行カードローンがおまとめに向いている理由

  • 金利が安い
  • 借入限度額が大きい
金利が安い

銀行カードローンの金利は4.5~14.5%が相場です。消費者金融や信販系のキャッシング会社はほとんど最大金利を18%ぎりぎりに定めており、それと比較すると銀行カードローンの金利は低くなっています。

借入限度額が大きい

銀行カードローンは総量規制対象外ですので、「借り入れは年収の3分の1以内」という制限がありません。おまとめローンは、全ての借金を返済するだけの額を借りなければなりませんので、借入限度額が大きいに越したことはありません。

借り換えローンの審査は厳しい?

借り換えローンの審査は通常のキャッシング審査より難しいと言われています。審査でチェックされるポイントをご紹介します。

他社借入件数

審査の際、借入の総額よりも借り入れ件数の方が重視されます

例えば、借り入れを行っている2人の人物がいたとします。(ここではAさん、Bさんとします。)

  • Aさんは10万円を5社から借り入れしている。
  • Bさんは50万円を1社から借り入れしている。

このケースでは、金額は同じでも業者からしてみるとBさんの方が、信用度が高いと見なされます。3件以内であれば融資してもらえる可能性も高いのですが、4件以上になるとマイナス評価になりかねません。

多重申し込み

多重申し込みとは短期間のうちに複数の業者に申し込むことです。ローンに申し込むとその情報は信用情報機関に掲載されるため、要注意人物と判断されます。1か月に3社以上申し込むとマイナス評価につながりかねません。また金融機関へのローン申し込み履歴は6か月間掲載され続けます。

事故情報

過去にローンの返済でトラブルがあった場合、信用情報機関に事故情報として掲載されます。事故情報は5年~10年間と長期間保存されてしまうので、一度信用情報に傷がついてしまうとその期間はおまとめローンの審査に通過するのは難しいでしょう。

勤続年数

おまとめローンの場合、最低でも1年間は同じ会社に勤めていた方が有利です。

職業

職業として最も有利なのは公務員、続いて大手企業のサラリーマンです。以下の順番で有利になると言われています。

公務員>大手企業のサラリーマン>中小企業のサラリーマン>自営業・パート・アルバイト・派遣社員

銀行カードローンおすすめ業者3選

銀行カードローンは総量規制の対象外となるため、基本的にはおまとめローンとしての専用商品はありません。そのため借り換えの際に、「カードローンの資金使途の範囲内でおまとめ」をすることになります。以下に、借り換えの際におすすめの銀行3社をご紹介します。

オリックス銀行カードローン

借り換えの総額金額が300万円以内なら、収入証明書の提出の必要ありません。業界屈指の低金利と言われ、ゆったりと返済できるのが人気の理由です。ゆったりと返済できるので、口座振替を用意しておくことをおすすめします。申し込みから返済結果がわかるまでは3営業日が必要なので、借りたいタイミングから1週間前には申し込み手続きを進めておくといいですね。

三井住友銀行カードローン

審査時間が最短30分とかなり早いのが特徴です。すぐに借り換えがしたくて、どこに申し込んだらいいかわからないという方におすすめの銀行です。申し込みに口座が不要で300万円以下なら収入証明書も不要です。融資限度額によって金利が決まるので、おまとめには有利となっています。

三菱東京UFJ銀行カードローン

ATMに備え付けのテレビ電話なら平日20時まで即日でカード発行が可能なので、スピード重視の方にはおすすめです。返済時も提携コンビニATMは手数料が無料で、利便性も高いのが特徴です。

おまとめローンの注意点

「月々の返済額が減る」と言われれば、借り換えないわけにはいきませんよね。しかし焦らないでください!そんなうまい話には裏がある場合も…。騙されないために、皆さんに注意して行っていただきたいポイントをご紹介します。

現在の借金の金利を見比べる

現在の借入が銀行カードローンでの借り入れの場合、金利はほとんど変わりません。逆に上がってしまうことだってあるのです。そうならないために、現在のご自身の金利とおまとめローンの金利の差をしっかり比較する必要があります。

返済回数を増やさない

おまとめローンによっては返済回数を多くして返済期間を長くすることで、毎月の返済負担を少なくすることが可能です。しかし長くすればするほどそれにかかる利息も多くなり、実質総返済額は多くなります。

詐欺業者に注意

おまとめローンは複数の業者から借り入れしている方向けの商品のため、詐欺が横行していると言われています。様々な詐欺業者があるため、騙されないためには信頼できる大手の銀行カードローンでおまとめした方がいいでしょう。