知らないと損する?!他社借入はカードローンの審査に影響するの?

 知らないと損する?!他社借入はカードローンの審査に影響するの?

新しくカードローンに申し込みを行おうとしている方。他社借入がある場合、審査に通らないのでは?と不安に思っていませんか?他社借入は審査に影響します。しかし、状況によってどれほど影響するかが変わってくるのです。今回は、他社借入がカードローン審査にどのように影響するのかをご紹介します。

他社借入が審査に影響する理由とは?

そもそも、他社借入がなぜ審査に影響するのでしょうか?他社借入件数が、申し込み者の信用返済能力を表しているからです。他社借入件数が多いということは1社から希望額が借りられない、且つそれだけ返済財源が少ないと見なされてしまいます。生活に困っているから何社からも借り入れているわけです。他社借入は少ないに越したことはありません。

他社借入があってもカードローンは借りられるの?

他社借入があるからと言って全ての方が審査に落ちるとは限りません。以下で審査に通る他社借入と審査に落ちる他社借入をご紹介します。

他社借入件数が3社以下なら借入可能

他社借入が3社以下なら審査に通る可能性が高いです。1社、2社、3社の中でも審査に通る可能性はそれぞれ異なります。他社借入以外に問題がなければ審査に通りますが、他の審査項目にも問題がある場合は落ちる可能性が高いです。また、他社借入件数が3社以上ある場合は審査に落ちる可能性が高いので現段階での申し込みは控えることをおすすめします。

借入金額が年収の3分の1に達している場合借入不可

現在の借入件数が年収の3分の1に達している場合、消費者金融からの借入は行うことができません。消費者金融は総量規制の対象で利用限度額を年収の3分の1までと法律で決めています。これは他社借入金額も含めているため、既に他社で達している場合は新しく申し込んでも審査には当然通らないのです。

しかし銀行カードローンは、年収の3分の1に達していても収入によっては借入可能な場合があります。銀行カードローンは総量規制対象外で利用限度額が高く設定されていますが、審査基準も厳しく、借入金額に見合う収入も必要とされます。カードローンの借り入れにおいて、収入は疎かにはできません。

過去の他社借入は返済実績の証明になる

過去の他社借入が新たなカードローン審査において有利になることもあります。延滞などの問題を起こさず返済を行っていた場合は、信用の証になります。カードローン会社からしてみれば、キャッシング経験者で完済実績のある方であれば「この人になら安心してお金を貸すことができる」と考えるのは自然なことですよね。

他社借入にはどのようなローンが含まれるの?

では、他社借入にはどのようなローンが含まれるのでしょうか?信用情報機関が把握しているため定義が曖昧。消費者金融から借りるのか、銀行カードローンから借りるのかによっても異なります。もちろんカードローンは他社借入件数に含まれますが、クレジットカードのリボ払いは借入件数に含まないというカードローン会社も多いです。反対に住宅ローンや奨学金などの公的な借入や担保のあるローンは他社借入に含まれません

他社借入件数を減らす方法とは?

おまとめローンで複数あるローンを1本化する

複数社から借入を行っている場合、借入件数を減らす方法はあるのでしょうか?新たに借入を行いたい方が借入件数を減らすためによく利用する方法が、おまとめローンです。おまとめローンは複数社から借入を行っている方が新たに低金利ローンを組む際に利用するローンです。おまとめローンは多くのカードローン会社で取り扱っているサービス。返済総額を減らすために低金利ローンへの申し込みを考えている方は、まずはカードローン会社の公式サイトで調べてみることをおすすめします。
おまとめローンの詳細についてはこちらの記事をご覧ください。
⇒カードローン借り換え&おまとめローン情報

利用していないカードローンは解約する

他社借入を行っていた方で、借り入れ残高を完済した方。完済したからと言って契約が解除されるわけではありません。解約手続きを行わなければ完済後も個人信用情報機関に契約中として登録されます。

完済後、解約を行わないメリット・デメリット

完済後、新たに借入を行わなければ金銭が発生することはありません。そのため、今後も同じカードローン会社で借入を行う予定のある方は放置していても問題はありません。完済後も契約し続けることのメリットは、次回借入が審査なしでスムーズに行えることです。反対に個人信用情報機関に登録され続けるため、借入件数が減らないことがデメリット。そのため新しくカードローン会社へ申し込みを行い方は、利用していないカードローンを解約することをおすすめします。

他社借入件数だけはない!申し込み件数も審査に影響する

他社借入だけでなく申し込み件数もカードローンの審査に影響することをご存知でしょうか?申し込み件数が多いということは、それだけ審査に落ちた回数が多いと見なされます。審査に落ちたからと言ってすぐに他社に申し込みを行うのではなく、審査に落ちた原因を考えなければ何度申し込みを行ってもどのカードローン会社でも審査に通ることはありません。

他社借入件数に心当たりのある方は、おまとめローン、または解約手続きで借入件数を減らしましょう。

関連ページ

カードローン借り換え&おまとめローン情報

カードローン契約更新で審査は行われるの?

申し込み前に!カードローンの審査内容を確認しましょう!

カードローンの利用限度額は年収が関係しているの?

カードローンの審査結果が出るまでの時間はどれくらい?

カードローンの審査は学生でも通るのか?銀行カードローンと消費者金融の差は?