審査結果が決まる!カードローン審査の属性について

審査結果が決まる!カードローン審査の属性について

「属性こそが物事の本質に一致すべき」という言葉があるように、カードローンの審査では申し込み者の属性を事細かにチェックします。
口で100回「信用できる」と伝えるよりも、属性を1回確認した方が正確な判断を下すことができますよね。
今回はカードローンの審査の決め手となる「属性」についてご紹介します。

カードローンの属性審査とは?

属性とはあなたの年収や職業、住まいや家族構成などの個人情報を表します。
カードローンの審査では属性を点数化して、融資するかしないか、利用限度額はいくらに設定するかを決めます。
この「点数化するシステム」を与信スコアリングと言います。

与信スコアリングとは?

与信スコアリングには属性スコアリングの他に信用情報スコアリングがあります。
属性スコアリングとはその名の通りあなたの属性が採点されます。
となると、「どのような種類の属性」が「どのような基準」で点数化されるのか気になりますね。
次章では、属性スコアリングの項目と採点基準についてご紹介します。

審査される「属性スコアリング」の項目と基準

属性スコアリングの項目と採点基準をご紹介します。

年収

年収は高ければ高いほど有利です。しかし、審査に通るためには安定した収入を得ているかどうかの方が重要です。
年収が低くても審査に通る理由は、その分利用限度額で調整できるためです。年収の低い方は利用限度額も低く10万~50万円の間で設定されることが多いでしょう。

勤務先・職業・雇用形態

職業は公務員が最も高評価、次いで大手企業の従業員、中小企業の従業員、個人経営、フリーランス、アルバイト・パートの順に評価が低くなります。
しかし、職業に関しては無職でない限り審査に落ちることはありません。アルバイトやパートでも毎月一定の水準で収入を得ていれば審査には通ります。
しかし、先ほども説明したように利用限度額は低く設定されるので注意が必要です。

勤続年数

勤続年数は3年以上あれば問題ありません
例え職に就いている方でも1年未満の場合は正社員でも評価が低くなることがあります。しかし、カードローン会社によっては半年未満、3か月未満でも審査に通ることもあります。
どのカードローンでも高評価されるのは5年以上です。
反対に、3か月~半年未満の方は審査に通る見込みはほとんどありません。

健康保険証

健康保険証には共済組合組合保険社会保険国民健康保険の4種類あります。
職業によって健康保険証の変わるように、健康保険証も審査の判断材料になります。健康保険は審査の対象というよりも、勤務先を判断するための書類と言ってもいいかもしれません。

住居形態

住居形態は賃貸よりも持ち家の方が高く評価されます。持ち家は経済的な面で安定しているという証拠として、また夜逃げのリスクが少ない証明になります。
家族名義の持ち家や社宅も審査には問題ありません。

居住年数

持ち家の場合は1年未満でも問題ありません。しかし賃貸の場合は1年未満では不利になります。借金から逃げるための短期間で転居する可能性が疑われるためです。
しかし、業者によって居住年数が審査にほとんど影響しないこともあります。

家族構成

家族構成は一人暮らしがやや不利に捉えられ、反対に結婚している、両親と同居している方は有利になります。
既婚者でも夫婦共働きが高評価され、反対に子供がいる場合、養育費の関係で審査では不利になります。
しかし、どの場合も年収で判断されることが多く、一人暮らし、子供ありの既婚者でも高収入なら問題ありません。

所有している電話の種類

所有している電話は固定電話か携帯電話があれば問題ありません。持っている電話の種類は審査の対象にはなりませんが、連絡手段がなければ緊急事態の際に対応できないので不利になります。
そのため、常に連絡が取れる携帯電話を所有していなければ審査に通らない場合もあります

属性審査で信用と返済能力を判断している

カードローン会社は「信頼できる方に融資したい」と考えています。しかし属性審査で高評価の方が信頼できる方とは限りません。

信用は「信用情報スコアリング」で判断される

申し込み者の信用は、信用情報スコアリングで判断されます。信用情報とは、申し込み者のお金に関する傾向を表すものです。
他社との取引期間取引実績借り入れ金額借り入れ件数などの項目で信用度が判断されますが、最も審査で高評価を得られるのが適度に利用している状態です。(他社借り入れについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。⇒『知らないと損する?!他社借入はカードローンの審査に影響するの?』)
過去の借り入れで定期的に借り入れを行っていて、1度も延滞などの問題を起こしていない方が審査では有利になります。
信用情報は、最もカードローン会社から信頼を得られる情報なのです。

返済能力と信用のバランスが大切

ここまでご覧いただいてお分かりいただいたように、カードローンの審査は返済能力を表す属性と信用を表す信用情報の2つが大切です。
信用情報は開示申請でご自身の情報を確認することができるので、これから審査を受ける方は信用情報機関に申請してみましょう。