おすすめのゴールドカード

おすすめのゴールドカード

ゴールドカードは、10,000円以上の高めに設定された年会費と引き換えに、軽食やドリンクバー、ネット環境や雑誌・新聞をゆったり落ち着いた空間で楽しむことができるラウンジが無料で利用できたり、3,000万円を超える高額な海外旅行保険が付帯していたり、海外でのトラブルに24時間対応してくれる専用デスクのサービスがついているのが魅力です。また、年会費が高く、審査難易度も一般カードよりも高いので、人前で出すだけで注目されるステイタス性の高さも魅力のひとつと言えます。

世界120ヵ国・700ヵ所以上のVIPラウンジが使える楽天プレミアムカードがおすすめ

楽天プレミアムカードはCMでもおなじみ「楽天カード」のワンランク上に位置する、ゴールドカードクラスのクレジットカードです。年会費は10,800円(税込)と、20,000円を超えるゴールドカードが多い中で安めながら、通常であれば399米ドル(約40,000円)の年会費がかかる、世界120ヵ国・700ヵ所以上のVIPラウンジが使える「プライオリティパス」のプレステージ会員に無料で入会できるという魅力があります。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

10,000円の年会費でプライオリティパスに無料登録可能
楽天市場・楽天トラベルがいつでもポイント2倍
国内・海外旅行保険が最高5,000万円付帯

発行期間 年会費 ポイント還元率 海外旅行保険
1週間程度 10,000円(税抜) 1.0%~ 最高5,000万円(自動付帯)

楽天プレミアムカードの魅力はプライオリティパスだけに留まらず、国内・海外旅行傷害保険が最高5,000万円まで補償されており、カードで購入した商品の盗難や破損などを補償する「動産総合保険」が年間300万円まで補償されている非常にバランスの取れたカードです。

審査難易度についても、三井住友VISAやアメリカン・エキスプレス・カードといった銀行系カードのゴールドカードと比較すると、元々審査難易度の低い楽天カードの上位互換カードなので、ゴールドカードの中では作りやすくなっています。

年会費の安さと審査の甘さならMUFGカードゴールドがおすすめ

ゴールドカードは、審査難易度と年会費が高いというイメージが強い方が多いと思います。実際、審査難易度は年収1,000万円を超えている人が持てると言われる「プラチナカード」に匹敵するものや、30,000円を超える年会費のゴールドカードがあります。

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド

初年度年会費無料、2年目以降年会費1,905円(税別)の格安ゴールドカード
年収が250万円に満たない方でも審査に通った事例あり

発行期間 年会費 ポイント還元率 海外旅行保険
最短1週間 初年度年会費無料 0.5%~0.85% 最高2,000万円(自動付帯)

MUFGカードゴールドであれば、なんと18歳以上から申し込み資格があるので未成年でも発行可能で、審査難易度も一般カードと同程度で、安定した収入がある方であれば審査通過可能なカードです。
年会費は初年度無料、2年目以降も2,057円(税込)で、「楽Pay」というリボ払い設定をすることで半額の1,028円(税込)という、ゴールドカードとは思えない値段で利用可能です。

それでいて、ゴールドカードの魅力であるラウンジサービスや旅行保険も付帯しているので、年収にそれほど自信がないという方でも持てるゴールドカードとしておすすめです。