「違約金詐欺」について

性質の悪い業者がよく持ち出してくるのがこの「違約金」です。

相手が詐欺と分かったり、換金率を下げようとしたために取引自体を拒否するとします。

すると中には、今の段階でキャンセルするとその分の違約金がかかる、と主張してくる悪徳業者が出てくるわけです。

言うまでもなく、だ何の契約もしていません。

違約金などありません。

どんな理由付けをしようが相手にする必要ありません。

ショッピング枠で現金

相手が「法的な措置をとる」とかおどしをかけてきますが、そこでひるんだら相手の思うつぼです。

一切相手にせず電話を切って着信拒否にしましょう。

詐欺業者など相手にするだけ時間の無駄なので、次のまともな経営を行っているところを探すことです。

だからこそ急な出費には「振込額」が表示されているQuick現金サービスを選びましょう!